学習管理システムの利用案内

1.利用資格

筑波大学の学生および教職員で、以下の方はすぐに学習管理システムを利用することができます。

  • 統一認証システムにアカウントを持っている方
  • 学術情報メディアセンターでシステム利用申請を行った方のうち、学習管理システムの利用を希望した方

 

また、以下のいずれかに該当する方は、利用申請を行うことで学習管理システムを使うことができます。

  • 筑波大学に在籍する学生もしくは教職員の方で、統一認証システムにアカウントを持たない方
  • 筑波大学の教育・研究に関わる活動で学習管理システムの利用を希望する学外者で、筑波大学の教職員が利用に関する世話人となれる方

 

【注】

  • 上記の利用申請が必要な方は、各種申請のページをご覧ください。
  • 統一認証システムについての詳しい説明は、こちらをご覧ください。
  • 学術情報メディアセンターのシステム利用申請は、こちらをご覧ください。
  • 既にアカウントを持っているユーザに対して、操作の練習等の目的のために、統一認証以外のアカウントを発行することはできません。

 

 

2.ログインの方法

  1. このページの右側にある「manabaにログイン」のボタンをクリックするか、下記のURLを直接ブラウザに入力して学習管理システムのログインページにアクセスします。
    https://manaba.tsukuba.ac.jp
  2. 筑波大学の統一認証システムのログイン画面(下図)が表示されたら、統一認証ID(UTID-13:学生証または職員証裏面のバーコードに記載の数字13桁)もしくは統一ユーザアカウント(UTID-NAME:学生の場合は「小文字のs」+「学籍番号の下7桁」、教職員の場合は、原則として「familyname.firstname.zz」の形式をした最大20文字の文字列)とパスワードを入力します。

     

    統一認証IDによるログイン

     

【注】

  • ログインの際のアクセスは、必ず上記のURLから行ってください。ブックマークを統一認証のログイン画面などに設定してしまうと、正しくログインできないことがあります。
  • 統一認証システムのIDもしくはパスワードを忘れた方は、こちらをご覧ください。
  • 利用申請により、学習管理システム上で独自のアカウントを発行された方はログインのURLが異なりますので、最初にお渡しした説明書にしたがってログインしてください。

 

 

3.マニュアル等のドキュメント

ログインをすると、下の図のような「マイページ」が表示されます。教員の方は、担当する授業のコースページ一覧が表示され、学生の方は、学習管理システム上で履修者として登録されている授業のコースページ一覧が表示されます。コースページ一覧の左上に、「連絡用コース」という特別なコースページが表示されます(図中の青丸の箇所)。教育クラウド室からユーザの皆様への利用案内やお知らせ等は、このページを使って行われます。

 

操作方法などをまとめたマニュアルは、マイページ下部の「マニュアル」と書かれたリンク(図中の赤丸の箇所)をクリックするとファイルが表示されますので、そちらからダウンロードしてください。

 

マイページ

 

 

4.説明会の動画

2014年9月に実施された学習管理システムの利用者説明会の動画が、連絡用コース内から視聴できます。まず、コースページ一覧に表示されている「連絡用コース」の「movie」というボタン(図中の赤丸の箇所)をクリックします。

連絡用コース

 

すると、以下のような画面が現れます。日本語版と英語版があり、視聴したい方をクリックすると再生が始まります。動画は、スライドと講師の画像の2つからなり、それぞれの動画の枠をブラウザ内で移動したりサイズを変更したりすることができます。

 

連絡用コース動画一覧

 

【注】

視聴するためには、Microsoft 社の Silverlight (無料) が必要です。