筑波大学 学術情報メディアセンター 教育クラウド室

 

教育クラウド室は、学内のeラーニングを推進し、ICTによる教育の質の向上を目的として設置されました。主な業務としては、全学を対象とした学習管理システム(LMS:Learning Management System)の運営があります。また、これまでのテキストベースの教材から、より教育効果の高い動画を中心とした教材の拡充を目指し、遠隔講義・自動収録システムの導入などを進めるとともに、各種マルチメディア・コンテンツの制作・配信を行っています。さらに、学内の教育研究活動を外部に発信するための活動として、オープンコースウェア(OCW:Open Course Ware)の運営も行っています。教育クラウド室は、こうしたさまざまな学内の教育用情報システムを集約する「クラウド基盤」としての役割を担っています。

重要なお知らせ 過去の重要なお知らせを見る

12月19日(火)教育クラウドシステムのメンテナンスを実施します
下記のとおり、教育クラウドシステムのメンテナンスを実施します。 これに伴い、下記の時間は教育クラウド室及びTSUKUBA OCWのWebページの閲覧ができなくなりますのでご注意ください。                  […]
年末・年始休業期間中の業務について
筑波大学では、平成29年12月29日(金)から平成30年1月3日(水)まで年末・年始の休業となります。    同期間中でも、学習管理システム(manaba)、収録講義の自動配信およびオープンコースウェア(TSUKUBA […]
11月14日(火)及び27日(月)教育クラウドシステムのメンテナンスを実施します
下記のとおり、教育クラウドシステムのメンテナンスを実施します。 これに伴い、下記の時間は教育クラウド室及びTSUKUBA OCWのWebページの閲覧ができなくなりますのでご注意ください。                  […]
【再掲】全学停電時における各システムの運用について
10月21日(土)、22日(日)に実施される全学停電のため、教育クラウド室では 次のとおりシステムの運用休止等を予定しておりますのでご協力願います。    ・ 学習管理システム(manaba) 通常どおり運用します。 た […]
9月28日(木)教育クラウドシステムのメンテナンスを実施します
下記のとおり、教育クラウドシステムのメンテナンスを実施します。 これに伴い、下記の時間は教育クラウド室及びTSUKUBA OCWのWebページの閲覧ができなくなりますのでご注意ください。                  […]